2017年12月10日日曜日

THE SAX vol.86/1月号

←クリックできます!

THE SAX vol.86/1月号を読みましたので、いくつか読みどころを紹介します。

<P007 美音の作り方>
サックスは、他の管楽器に比べて簡単に音が出るけど、他の管楽器に比べていい音を出すのが難しい楽器と言われたりしますが、どうやったらいい音を出せるか、日々悩んでる方も多いと思います。
この特集では、雲井雅人さん、大森明さん、土岐英史さん、本田雅人さんの4名に、”どうやって音色を築き上げてきたのか”を中心に、それぞれに10項目以上の質問に対しての回答をしてもらっています。
この4人の人選は面白いなと感じましたが、参考になることが多く、この特集を読むためだけに買っても損はないと思います。

<P033 デイブ・コーズ>
まず、デイブ・コズ(雑誌は”コーズ”になってますが、”コズ”の方がしっくりきます)の髪が真っ白というかシルバーになってて、すごく年を取ったなと。。。
デイブ・コズのライブに行くと、サービス精神旺盛で、観客を楽しませようというのがすごく伝わってきますが、それは若い頃に観たアース・ウインド&ファイヤーやタワー・オブ・パワー、マイケル・ジャクソンなどのライブが影響しているとのこと。
久しぶりにデイブ・コズのライブに行きたくなりました。

<P.038 Yanagisawa新オプションネック発売開始>
いよいよヤナギサワの新しいネックの販売が開始されたらしく、ソプラノ、アルト、テナーの新ネックのラインナップの紹介が載っています。(バリトンはまだないのかな?)
ちなみに私は、ガーデラのブラックニッケルテナーに、ヤナギサワのソリッドシルバーネックを使用しています。
ちょうど旧ネックの販売が終了する直前に買ったんですが、新ネックのTW3がどう変わったのかはそのうち試奏して比べてみたいと思っています。

<P.042 The Sounds of CANNONBALL>
キャノンボールのサックスを使用している国内外のプレイヤーに、自分の楽器についての魅力を語ってもらっていたりします。
先月ブログに書いた「カラテチョップス」のライブで、田中邦和さんのソプラノの音が素晴らしかったと書きましたが、あのソプラノの本体はキャノンボールのジェラルド・アルブライトモデルだと後日本人から聞き、キャンボールのソプラノがすごく気になってたりします。

<P.078 SAXで吹く!煌めきの洋楽ヒット vol.6 『ウィンター・ワンダーランド』by デイブ・コーズ>
デイブ・コズの「A Smooth Jazz Christmas」というアルバムに収録されている「ウインター・ワンダーランド」のテーマからアドリブ部分まで、全ての譜面が載っています。
「ウインター・ワンダーランド」といえばコニー・フランシスの歌で有名ですが、デイブ・コズのアレンジは、今まで聴いたことのある「ウインター・ワンダーランド」とは全然違い、すごくファンキー色の強いリズムで、ある意味面白いです。
曲を聴きながら譜面を見ると、デイブ・コズの歌い方もわかりますし、とても参考になります。

←クリックご協力お願いします!

2017年11月26日日曜日

1993年のガーデラの広告

古いジャズライフを沢山持ってて、その整理をしてたんだけど、1993年のジャズライフにこんな広告が。

”デイブ・ガーデラ(Dave Guardala) マウスピース&リード”

既に「POST-BOP」となっているので、リーブマンと決別してリーブマンモデルがなくなってる時期みたいですが、一つだけ値段がやけに高い「ARTIST SPECIAL」というのが気になる。
1~2度だけヤフオクで、ブレッカーのスペシャルモデルというのを見たことがある気がするけど、それはこれなのか!?
それ以外のモデルは全て一度は所有してたことがあるので、余計にその「ARTIST SPECIAL」というのが気になる。。。

←クリックご協力お願いします!

2017年11月23日木曜日

渡辺貞夫「ぼく自身のためのジャズ」

←クリックできます!

たまたま近所の古本屋で見つけ、気になって買ってみたのがこの「ぼく自身のためのジャズ」。
この本は、渡辺貞夫さんが自身の経験等について語り、それをジャズ評論家の岩浪洋三さんが文章にまとめたもの。もともとこの本の依頼を断ろうと考えていた時に、岩浪さんがたまたま訪ねてきて、「ぜひやるべきだ」という岩浪さんを”道連れ”にしたらしいです(笑)

渡辺貞夫さんが中学生くらいの頃に、駐留軍放送によっていろんな音楽を聴き、最初はクラリネットから楽器を始めたことから、秋吉敏子さんとの出会いや、バークリー音楽院時代のいろんなミュージシャンたちとの交流の話、帰国後の日本のジャズやヤマハ音楽教室の誕生についてなど、面白く興味深いエピソードがたくさん載っています。

正直、渡辺貞夫さんのCDは2枚ほど持っているだけで、あまり詳しくは知らなかったですが、日本のジャズ界になくてはならない存在だということがよくわかりました。

サックスをやっている人には特にいい刺激になると思うので、読んでみることをオススメします。



←クリックご協力お願いします!

2017年11月18日土曜日

【新商品】SILVERSTEIN OmniPatch

紐のリガチャーで有名なシルバースタインから、「オムニパッチ」というマウスピースパッチの新商品が発売されたそうです。

今までのマウスピースパッチと違うのは、「Teeth Guide(ティースガイド)」という溝があり、歯の位置を固定できるようになっていること。(下記URL参照
これは実際に使ってみないといいかどうかはわからないですが、興味はあります。

色はブラックとクリアの2つがあるようですね。

楽器堂では1,800円(税別)で売ってるようです。


■Silverstein OmniPatch
https://www.silversteinworks.com/omnipatch/


←クリックご協力お願いします!

2017年11月17日金曜日

ジョン・コルトレーン没後50周年・・・生命の鼓動と音のかたち at 東大駒場キャンバス


11月16日(木)に東京大学駒場キャンバスにて開催された、『ジョン・コルトレーン没後50周年・・・生命の鼓動と音のかたち』という公開講座に行ってきました。


講師は、世界的なコルトレーン研究家の藤岡靖洋さん。


藤岡さんの話を直接聞くのは今回で3回目。
今回もとても興味深い話をいろいろと聞けました。

いくつか自分がメモしたポイントを書いておきます。

●現在アメリカで公開中のコルトレーンのドキュメンタリー映画「Chasing Trane」は、来年日本版DVDが発売になるかもとのこと。楽しみ!(本当は映画館で観てみたいけど)

●来年、コルトレーンに関する大きな展覧会があるかも。

●サッチモことルイ・アームストロングで有名な「What a Wonderful World」の作詞・作曲はジョージ・ダグラスですが、” ジョージ・ダグラス”はコルトレーンと二人三脚で新生インパルスの屋台骨を背負ってきた音楽プロデューサーのボブ・シールのペンネーム。
当初はトニー・ベネットに歌唱を依頼したが断られたらしいけど、サッチモでよかったとつくづく思う。

●マーティン・ルーサー・キング牧師は「I have a dream」の演説で有名ですが、1968年4月4日に暗殺される前日に行った最後の演説(プロミス・ランド=理想郷について触れている演説)は本当に壮絶な演説で感動した。

●講座の中で流していただいた、アルバム「Live in Japan」に入っている「Peace on Earth」のコルトレーンのサックスの音があまりにも美しすぎて驚いた。アルバム「Live in Japan」はちょっと高いけど必ず買う。


藤岡さんに聞きたいこともありましたが、東大の人達の中では質問する勇気も持てず、終わった後も残念ながら時間がなかったのですぐに帰りましたが、また機会があれば直接質問させていただきたいと思っています。




←クリックご協力お願いします!

2017年11月5日日曜日

BLUE GIANT SUPREME 3 発売!


「ブルージャイアントシュプリーム(BLUE GIANT SUPREME)」の第3巻が発売になっています。

念願のハンナとの再開、ハンナとの試行錯誤などなど、また、次巻以降で新しくバンド仲間になりそうな人物も登場していて、今回もいろんな刺激を受けました。

←クリックご協力お願いします!

2017.11.03 カラテチョップス at 大田文化の森ホール


江藤良人(Dr)、井上陽介(B)、田中邦和(Ts/Ss)の3名からなる”カラテチョップス”のライブを聴いてきました。

田中邦和さんが、M-TECチューニングのESM製ジャズヘブンですごい音&超絶技巧もやってて、シビれました。

ジャズヘブンに合わせてたリガチャーは石森で総銀っぽく(もしくはただのシルバープレートかも)、テナー本体はキャノンボール、ストラップは仙台在住の尾崎さんのでした。

■尾崎さんのストラップ
http://zakio-lesson.blog.jp/archives/1009451755.html

ソプラノは、これもM-TECチューニングのBARI製メタル(と後でご本人から聞きました)ですごく太くて甘い音がしてました。
時間なくてサイン会には参加できませんでしたが、あのソプラノの本体はどこのだろう。。。

ライブでは、下記のように、ボブ・マーリーあり、ブレッカー・ブラザーズあり、ミュージカル曲ありと、盛りだくさんでしたが、特に「Let's Stay Together」のグルーブ感(一般的なテンポより若干遅め)と邦和さんのテナーの音がたまらなかったです。

三人であれだけの音を作れるのは本当にスゴいし、このバンドはオススメです。

【演奏曲】
1st Set
1.Around the world(映画「八十日間世界一周」より)
2.Last Tango in Paris(映画「ラストタンゴ・イン・パリ」より)
3.Cotton Tail(Duke Ellington)
4.Let's Stay Together(Al Green)
5.Some Skunk Funk(Brecker Brothers)

2nd Set
1.I shot the sheriff(Bob Marley)
2.We Kiss in a Shadow(ミュージカル「王様と私」より)
3.スターアイランド(井上陽介)
4.Love Me Tender(Elvis Presley)
5.Hold on I'm coming(Sam and Dave)

Encore
The Girl from Ipanema(Antonio Carlos Jobim)


←クリックご協力お願いします!